テコンドーT.K.D トップページ>What's TAEKWONDO-T.K.D
What's T.K.D?
テコンドーT.K.Dとは?
【コンセプト】
 「テコンドーT.K.D」は、現役時代に日本初のヘビー級日本代表選手として活躍し、世界選手権大会ベスト8、福岡国際大会チャンピオン、
東アジア競技大会銅メダルなど数々の実績を持つ舘 和男(たち かずお)師範が代表を務める。
 東京、大阪、名古屋の日本3大都市を始め、さいたま、兵庫、京都、滋賀、愛媛の各地域でテコンドースクールやを開講しており、ジュニアから学生、一般社会人、女性、シニア(壮年)まで幅広い層が汗を流している。
 「強さを求める格闘技」「オリンピックなど日本代表選手を目指す競技スポーツ」「心身ともの強化を目指す武道」「フィットネス」「健康管理」
「機能的な肉体の美しいボディラインつくり」など、様々な目的でテコンドーを学べるシステムとなっている。
 練習内容の特徴は、根性論のみに偏った稽古では無く、力の無い者、精神力の弱い者など、誰でもが強くなれるための人体のメカニズムを
様々な角度から科学的に考えた合理的理論の技術反復が中心となっている。
 各スクールの練習では、レベルや目的により反復する技術内容は違うが、上級者も初心者も皆で一緒に気合を入れ、号令をかけ、掛け声を
出し合い、励ましあって共に頑張り、精神力や技術を向上させるという“武道”のコンセプトである「心・技・体」の向上を計る“武道スクール”と
しての合同稽古を行っている。
 指導には、テコンドーT.K.D代表の舘 和男(たち かずお)師範をはじめ、全国大会の優勝、入賞経験を持つ指導員らが直接指導を行って
いる。
 また、競技選手や選手を目指す者を対象とした「選手クラス」も設置されており、日本代表選手や全日本上位クラスの指導員も共に汗を流し
オリンピックやワールドカップといった国際大会等の“世界”の舞台でも戦える競技力向上をジュニア期〜シニア期までの一貫教育での選手育
成を行っている。


テコンドー競技選手コース
テコンドー・武道スクール
 
選手クラス
日本代表選手、全国大会入賞経験を持つ指導員らが直接指導
オリンピック、世界選手権、ワールドカップ等の
国際大会の日本代表選手を目指し、全日本〜
各国内大会での競技選手の競技力向上を目
指す選手コース。

■『選手クラス』
テコンドーT.K.D本部道場
ジュニア(3歳〜)から学生、一般、社会人、女性まで幅広い層が汗を流している。
「シェイプアップ」「ストレス解消」「体力つくり」から「強さを求める格闘技」「競技選手を
目指す」など各人の目的達成のため、“武道”のコンセプトでもある「心・技・体」の向上
を計る合同稽古を実践する。ジュニアは「礼儀」「いじめに負けない強い精神力強化」
などの心身共の健全育成を行う。

*各地域テコンドー道場・テコンドースクールの詳細はSchoolのページをご覧ください。


【主催大会】
テコンドーT.K.Dでは日頃の稽古の成果を試し、「選手の競技力向上」「精神力の向上」を見据え、T.K.D道場生なら誰でも参加でき、レベル別
で試合を行う「TAEKWOND GAME」シリーズを目的別に定期開催している。


『TG:GP』TAEKWOND GAME〜GRAND PRIX〜
Photo 大会概要
TAEKWOND GAME2003
〜GRAND PRIX〜2003.9.23
中須賀真一(T.K.D大阪)
vs三島☆ド根性ノ助(スティクール)
目的/オリンピック階級のグランプリ・トーナメント
参加/ジュニア〜一般まで全国より参加
備考/グランプリ大会に相応しくショーアップされた演出
「TAEKWONDO CROSSING GAME」
Photo 大会概要
TAEKWONDO CROSSING GAME2010
〜11th STAGE〜
2010.6.29
於:大阪アゼリア大正
目的/T.K.D運営の各スクール道場生に よる交流試合
    各他大会への道場内選考会でもある
参加/ジュニア〜一般、シニアまでT.K.D練習生の参加
備考/参加者の少ない階級は他道場への参加要請
     年1回、毎年開催
『TG:M6』TAEKWOND GAME〜Moving On〜シリーズ
Photo 大会概要
TAEKWOND GAME
〜Moving On 7th stage〜
2012.11.11
於:T.K.Dスポーツクラブ
目的/選手間のレベルを合わせたワンマッチ大会の
    〜Moving On〜シリーズ
参加/ジュニア〜一般〜シニアまで参加

テコンドーT.K.D指導スタッフ】
[師 範]舘 和男/テコンドーT.K.D代表
プロフィール
現役時代は、日本テコンドー界初のヘビー級代表選手として活躍し、福岡国際大会
チャンピオン、世界選手権ベスト8などの戦績を持つ。引退後も、日本代表チームコーチ
日本テコンドー連盟選手強化本部長、JOC日本オリンピック委員会選手強化委員などの
要職を経て、現在自らが代表を務める「テコンドーT.K.D」を主宰し後進の指導に努める。
【主な国際大会の戦績】
・'94福岡国際大会<ウエルター級>チャンピオン
・ '95JAPAN OPEN大会<ヘビー級>銅メダル
・ '95世界選手権大会<ヘビー級>ベスト8
・ '96アジア選手権大会<ミドル級>日本代表
・ '96JAPAN OPEN大会<+80kg級>銀メダル
・ '97東アジア競技大会<+80kg級>銅メダル
・ '02ワールドカップ大会<ヘビー級>日本代表
・ '03タイタンゲーム<+80kg級>日本代表
[支部長]内田義晃
プロフィール
フルコンタクト界最高峰の全日本大会で2連覇を達成。
日本では貴重なヘビー級選手としてオリンピックを目指す。
【主な大会の戦績】
2011全日本選手権大会西日本大会<+87kg級>優勝
・ '2012全日本選手権大会<+87kg級>第3位