テコンドーT.K.D トップページNews>10.15 PRO-STYLE TAEKWONDO KOK
■10.15 プロスタイル・テコンドー『KOK』試合結果
2006年10月15日(日)、大阪なみはやドーム・メインアリーナにてテコンドーT.K.D主催でPRO−STYLE TAEKWOND 『KOK開催された。
テコンドーT.K.Dでは現在、試験的にプロ・スタイルテコンドーの実験マッチをテコンドー大会や各格闘技大会にて定期的に実施している。
2005年よりスタートした『KOK実験マッチツアーも、2006年にはシニアマッチ、女子マッチの実験マッチにも着手。
様々な実験マッチを終え本格始動した今大会には、世界最高レベルを誇るテコンドーの本場韓国から韓国チャンピオンの実績を持つ2選手が
参戦し開催された。
80kg級には、05年コリアオープン・ワールドテコンドーチャンピオンシップス優勝の実績を持つKOO JAUON(クー・ジャウオン)。
68kgには韓国チャンピオンのKan In Chole(カン・インチョル)が参戦!
国際オープン大会で実績を持つW.A.T.Aチームと激闘を繰り広げた。韓国、ブラジル、日本の国際戦となった試合結果は下記の通り。
また、プロ・スタイルルールのテコンドーマッチ『KOKは、来年から大阪、東京での定期試合実施を予定しているが、2007年の第1弾マッチは
大阪の大会場で開催される格闘技イベントのビックマッチ大会でのトーナメント実施を予定している(詳細は後日発表予定)。
第3試合 80kg級 2分3R
ANDRE NAGAOKA
(ブラジル/W.A.T.A)

vs KOO JAUON
(韓国/KOO’S)
’04 ブラジルオープン TAEKWONDO CHAMPIONSHIPS 銅メダル ’05 KOREA WORLD TAEKWONDO CHAMPIONSHIPS 優勝
× ANDRE (0−3) KOO ○
第2試合 68kg級 2分3R
Ryouichi Isoda
(日本/W.A.T.A)
vs KANG INCHOLE
(韓国/NB)
                                        ’05 ブラジルオープン TAEKWONDO CHAMPIONSHIPS 銀メダル
× Isoda (0−3) KANG ○
第1試合 68kg級 2分3R
MALCOS
(ブラジル/W.A.T.A)
vs Sezal Hashimoto
(日本/W.A.T.A)
×MALCOS(0−3)Sezal Hashimoto
<プロ・スタイルテコンドールール『KOK』とは?>
2004年に韓国ソウルにて旗揚げされたテコンドーの新機軸ルールでその大会イベント名が「KOK」となる。
オリンピックスタイルのテコンドー競技に比べ、プロテクター、ヘッドギアなどの防具を排除し、拳にオープンフィンガーグローブのみを着用しフル
コンタクトの直接打撃制ルールで戦う。
また、試合場もロープが張られたエスケープの出来ないリング場で実施され、より格闘技としての強さを求めるルールとなる。
しかし足技(キック)が、そのアイデンティティーであるテコンドーの技術的な根幹は両スタイルも同様であり、相手に打たせることなく自分の蹴りを
打ち、相手をKO出来れば最良である事にかわりはない。違いは競技理念の差であり、オリンピックスタイルの“いかに当てるか”に対し、プロスタイ
ルでは“いかにダメージを与えるか”であり、ダメージを与えたクリーンヒットをいかに数多く当てるか?が勝敗のポイントになる。
PRO-STYLE AEKWONDO 『KOK
●場所なみはやドーム・メインアリーナ
●日時:2006年10月15日
(日) START 17:00
●主催:テコンドーT.K.D
●協賛:大塚製薬

<<BACK